金庫の鍵を紛失!どうしても開けたい時の対処法

金庫の鍵を知らぬ間に紛失してしまい、大切な書類が入った金庫を開けられずに焦っているあなたへ。この記事では、金庫の鍵を紛失した時に金庫を開ける方法をご紹介します。

テンキー式金庫

金庫の鍵の種類

現在では、ダイヤル式、テンキー式、シリンダー式などの様々なタイプの金庫が販売されています。その中で安全性を高めるために、マルチロック式の金庫が主流になってきています。例えば「ダイヤルとシリンダー」を組み合わせた金庫、「生体認証とシリンダー」を組み合わせた金庫などです。シリンダー式と組み合わせることにより安全性は高まるのです。特に企業で使う業務用金庫では、必ずと言っていいほどマルチロック式の金庫が用いられます。ただし、マルチロック式金庫は安全性が高くなる一方で、鍵を無くすリスク可能性も出てきます。そのため鍵の管理が重要です。簡単に、金庫の鍵の種類をご説明します。

シリンダー錠

鍵で開けるタイプの金庫です。ダイヤル式と違い、暗証番号を覚える必要はありませんし、鍵で開けるので簡単です。頻繁に開閉する用途で使うと便利です。その反面、鍵を無くした場合金庫を開けられなくなるので、鍵の管理は重要です。古い金庫では、鍵が折れたり、鍵が回らなくなったりの不具合が発生する場合もあるようです。

ダイヤル式

ダイヤルを回して、番号を合わせて、金庫を開けるタイプのものです。アナログ操作のため故障は少なく、100万回ダイヤルを回転させても壊れないそうです。また、複雑な仕組みのダイヤル金庫も販売されており、開閉までに時間がかかることから泥棒からも嫌われるタイプの金庫です。

テンキー式(プッシュ式)

暗証番号をボタンで入力し開けるタイプの金庫です。簡単に開けることが出来るのが一番の特徴で、シリンダー式同様に、頻繁に開閉する用途で使うと便利です。また、テンキー式金庫は暗証番号を変更できるためホテルの客室などでよく使われます。その反面、暗証番号を無くした場合には金庫を開けられなくなりますので、暗証番号の管理は重要です。

磁気ロック式

マグネットキーを差し込んで、磁石の力で鍵を開けるタイプの金庫です。マグネットを鍵穴に当てて、ハンドルを回すだけで解錠できるためとても簡単です。また、磁気は半永久的ですので故障の心配もありません。その反面、マグネットキーを無くすと金庫を開けられなくなるため管理が重要です。

生体認証式(指紋・静脈・顔認証など)

指紋、静脈、顔などの生体を利用して鍵開けを行うタイプの金庫です。この金庫は自分の体を使って開けるために暗証番号を忘れることが無く安心です。また、自分しか開けられないため安全性も高い金庫です。

ICチップカード式

登録したICカードやスマートフォンで開閉できる金庫です。必要に応じて金庫を開けられる人を設定できるため複数人で管理する金庫には便利です。

金庫の鍵を無くしてしまった場合

金庫を破壊する

自力で金庫を開けるには、金庫を破壊する他ないでしょう。金庫を破壊するには、サンダーやバールを用いて破壊します。サンダーで金庫の蝶番部分を切断し、バールでこじ開けます。

防盗性能の高い金庫ですと、開けるまで相当の時間がかかるほか、工具の取扱になれていないとそもそも開けることが出来ないかもしれません。工具の取り扱いに慣れており、時間の余裕がある方は挑戦してみるよ良いと思います。

メーカーに問い合わせる

メーカーによっては合鍵を作成してくれうメーカーもあるようです。私が調べたところ以下のメーカーは有料で合鍵を作成してくれます。ただし、本人確認と同意書などのやり取りが必要になるため、最低でも2週間はかかってくるようです。時間的に余裕がある方にはメーカーに問い合わせることをおすすめします。

<エーコー>
電話番号 0120-992-695
営業時間 9時〜17時まで(土日祝日除く)
参考ページ https://eiko-store.com/product_inquiry/

<セントリー>
電話番号 03-5447-5311
営業時間 9時〜18時まで(年中無休)
参考ページ hhttps://www.sentryjp.com/support/keynumber.php

金庫の専門家へ依頼する

金庫の専門家へ依頼する有料で鍵開け・スペアキーの作成をしてもらう方法です。専門家へ依頼した場合、即日対応していただける点が一番良いところです。相談、お見積は無料なので、一度お電話にてご相談してみてはいかがでしょうか。

専門家に相談する場合はこちら

鍵をなくさないための対策

スペアキーを作っておく

鍵を無くさないためには、無くすことを前提とした準備をすることが大切です。例えば、お近くの鍵屋さんで金庫のスペアキーを作り、マスターキーは無くさない場所へ隠しておくという方法は良いでしょう。そしてスペアキーを持ち歩くようにしましょう。このように管理することにより、無くしても開けられないという自体は回避できます。

鍵を置く定位置を決める

更にスペアキーを無くさないためには、スペアキーを置く定位置を決めて、その場所から動かさないような仕掛けが有効です。例えば、いつも持ち歩くかばんの内ポケットにチェーンか何かで付けておけば、かばんを無くさない限り同じ場所に保管されていますよね。しかも肌身離さず持ち歩くことが出来ます。

まとめ

金庫の鍵を紛失した場合、無理に自分で開けようとせず、専門家へ相談し開けてもらうと楽ですぐに解決できる方法です。また、無事鍵を開けられた場合には、再度鍵紛失を防止するために、スペアキーを作り無くさないような管理を心がけるようにしましょう。

ページトップへ
金庫の鍵開け10,000件突破 鍵開け実績 業界No.1
どんな金庫でも平均20分で開錠します